学校の場所   教育目標   学級編成   日程・週時程   研修   学校沿革史     

                    

明治時代

 6年  6月 西遊馬村、二ツ宮村、土屋村の三村組合にて高城寺の一部を仮校舎として小学校を創設、遊馬学校と名づける。
 6年  6月 臼杵修甫、初代校長に補せられる。
10年  1月 河村一介、第2代校長に補せられる。
13年  1月 市橋秀元、第3代校長に補せられる。
16年 11月 長田春造、第4代校長に補せられる。
17年 12月 岩上忍太郎、第5代校長に補せられる。
19年  3月 大字飯田新田の興文学校と合併して、同所を分教場とする。
19年  3月 並木定吉、第6代校長に補せられる。
19年 12月 平野甚三、第7代校長に補せられる。
23年  8月 伊藤岩太郎、第8代校長に補せられる。
25年 12月 元興文学校を分離して第一馬宮尋常小学校と改称する。
31年  6月 小島芳蔵、第9代校長に補せられる。
35年  3月 小熊喜三郎、第10代校長に補せられる。
35年  4月 現在地に校舎を新築し、高等科を併置(4月15日落成式、その日を開校記念日とする)
36年  9月 道祖土寅吉、第11代校長に補せられる。
41年  4月 湯澤荘作、第12代校長に補せられる。
42年  4月 武井多三郎、第13代校長に補せられる。
42年  7月 梅沢福三郎、第14代校長に補せられる。
43年  4月 小川保平、第15代校長に補せられる。



大正時代

 3年  9月 湯澤荘作、第16代校長に補せられる。
10年 12月 大久保三五郎、第17代校長に補せられる。
14年  4月 校舎増築、校地拡張



昭和時代

 7年 10月 校庭拡張(現在の運動場となる)
 9年  3月 岡野克、第18代校長に補せられる。
13年  3月 中條泰作、第19代校長に補せられる。
15年  1月 校旗を制定する。
15年  3月 松本濱治、第20代校長に補せられる。
16年  4月 馬宮東国民学校と改称する。
18年  3月 長島治、第21代校長に補せられる。
21年  3月 有山信三、第22代校長に補せられる。
22年  3月 柏房吉、第23代校長に補せられる。
22年  4月 馬宮東小学校と改称する。
27年  4月 富永専蔵、第24代校長に補せられる。
30年  1月 大宮市と合併し、大宮市立馬宮東小学校と改称する。
31年  4月 島村正夫、第25代校長に補せられる。
34年  4月 大島貞雄、第26代校長に補せられる。
36年  4月 松岡好男、第27代校長に補せられる。
36年  9月 校章を改制し、校旗を制定する。
36年  9月 校歌を制定する。
37年 10月 給食室落成、学校給食を開始する。
40年  4月 金井塚隆治、第28代校長に補せられる。
42年  4月 安藤正隆、第29代校長に補せられる。
43年  4月 横田小弥太、第30代校長に補せられる。
46年  4月 田口晃、第31代校長に補せられる。
48年  3月 鉄筋校舎が完成する。(第1期)
48年  4月 馬宮東小学校から栄小学校が分離し、馬宮東小学校の一部を使用して開校する。
48年  6月 馬宮東小学校百周年記念式典を挙行する。
48年 11月 馬宮東小学校から栄小学校が移転する。
49年  4月 黒須保、第32代校長に補せられる。
51年  3月 馬宮東小学校創立百周年「記念誌」を発行する。
52年  4月 加藤富士弥、第33代校長に補せられる。
52年  9月 プール完成
53年  4月 新井文雄、第34代校長に補せられる。
54年 12月 小鳥小屋、体育舎、西側フェンス、西門完成
55年  5月 給食室(新築)完成、プレハブ13教室完成
58年  4月 服部馨、第35代校長に補せられる。
60年  7月 小鳥小屋全面改築
63年  3月 体育館完成
63年  4月 照林和男、第36代校長に補せられる。


平成時代

 元年  5月 歩道橋・体育館通路舗装・防球ネット延長工事完成
 3年  2月 校庭整備工事完成、新固定施設設置、砂場改装(生活科砂場含む)
 3年  4月 岡田弘子、第37代校長に補せられる。
 3年 10月 防球ネット延長工事完成
 3年 11月 プレイルーム内装工事完成
 5年  2月 埼玉県美術教育連盟委嘱研究発表
 5年 10月 馬宮東小学校百二十周年記念式典を挙行する。
 6年  4月 加藤俊明、第38代校長に補せられる。
 6年 11月 大宮市教育委員会委嘱図工科研究発表
 8年  5月 大宮市教育委員会研究委嘱(同和教育)
 9年  4月 吉澤敏昭、第39代校長に補せられる。
10年  9月 体育館屋根付通路完成
12年  4月 町田二郎、第40代校長に補せられる。
12年 12月 体育館通路陸橋屋根完成
13年  5月 大宮・浦和・与野の3市合併に伴い、さいたま市立馬宮東小学校と改称する。
14年  4月 校舎西側の通学路が一部スクールゾーンとなる。
15年  4月 鈴木薫、第41代校長に補せられる。
15年  9月 西側校舎の外壁塗装
15年 10月 馬宮東小学校百三十周年記念式典を挙行する。
17年  4月 さいたま市心の教育モデル校事業指定校
18年  2月 自主研究発表会(国語)
18年  4月 さいたま市教育委員会研究推進校委嘱(読書指導)
19年 10月 さいたま市教育委員会研究推進校委嘱読書指導研究発表会
20年  1月 常見昌弘、第42代校長に補せられる。
20年 4月 さいたま市教育委員会研究指定委嘱(学校地域連携コーディネーター配置モデル校
20年  8月 西側校舎耐震補強工事
21年  3月  通学路一部変更(赤コース) 
21年   5月  さいたま市教育委員会研究指定委嘱(特色ある学校づくり)
21年  5月 埼玉県学校給食会「生きる力をはぐくむ食に関する指導モデル校」
21年   12月 さいたま市チャレンジスクール指定校
22年   2月  校内LAN整備 
22年   4月 槙山正春、第43代校長に補せられる。
22年 7月〜  東側校舎耐震補強工事
22年  10月  さいたま市教育委員会研究指定(特色ある学校づくり)研究発表
23年   4月
〜7月
 東日本大震災で栄小が被災したことにより、栄小3年6年
 約200名を受け入れる。
24年 4月  佐々木清隆、第44代校長に補せられる。
27年  4月  湯沢保紀、第45代校長に補せられる。
27年  12月  優れた「地域による学校支援活動」推進により、文部科学大臣表彰を受ける。
29年 4月 さいたま市教育委員会研究指定委嘱(「さいたま市小・中一貫教育」等) 
30年 4月   佐野公子、第46代校長の補せられる。